銀行カードローン 金利

銀行カードローンの金利の仕組み

銀行カードローンの金利の仕組み

銀行カードローンは低金利、そこから考えていきましょう。

 

消費者金融と比較すると確かに銀行金利は低くなっています。
消費者金融では上限金利が18.0%となっていますが、銀行は15.0%が上限としているところが多くなっています。
3%という違いは借り入れ金額が大きくなったり、借入期間が長くなったときに大きな影響が出てきます。
それではすべての銀行が同じように金利が低いのかといえばそうではありません。
ジャパンネット銀行や新生銀行カードローンのレイクは上限金利が18.0%となっています。
ご覧になってもわかるように18.0%という金利は消費者金融と変わりがありません。
ちなみに諸費者金融と変わらない高金利のこの二つ、ジャパンネット銀行と新生銀行カードローンレイクの共通点は「無利息期間がある」ということです。
一方で借り換えの専用プランにはなるものの東京スター銀行ではついに上限でも一桁の金利まで誕生しました。
多くの銀行を見てみると金利の上限は15.0%以内に抑えられていることが多くなっています。

 

水準が15.0%が最大となるだけのことであり、銀行によって金利は大きく違うということがお分かりいただけたでしょう。
思っているよりも金利には違いがあります。
比較するときの大切な材料としてみておかなくてはなりません。

 

金利についてもう少し詳しくご説明していきましょう。

 

銀行の金利がどのようにして決まるのか、もう確認はされたかと思います。
基本的には融資限度額によって金利が決まります。
例えば三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックではどのようにして金利が決まっていくのか、融資限度額と並べて確認をしていきます。

 

・500万円 年4.6%〜年5.1%
・400万円超500万円未満 年5.1%〜年5.6%
・300万円超400万円以下 年5.6%〜年6.1%
・250万円超300万円以下 年6.1%〜年7.1%
・200万円超250万円以下 年7.1%〜年8.1%
・150万円超200万円以下 年8.1%〜年9.6%
・100万円超150万円以下 年10.6%〜年11.6%
・50万円超100万円以下 年11.6%〜年12.6%
・10万円以上50万円以下 年14.6%

 

融資限度額が50万円以下が最も高い金利になっていますが、それでも14.6%の低金利となっています。
融資限度額が上がるごとに金利が下がっていきます。
借り入れる金額が大きくなればそれだけ利息を慎重に考えなくてはなりませんが、金利が低いことによって利息の金額を抑えることができます。

 

カードローン口コミを参考にしてみても、金利について知るためには利息との関係から考えていかなくてはなりません。
金利とは、「借り入れ金額に対して年間でかかる利息の割合」となっています。
一日分の利息を知るための金利であり、しかし、利息は金利だけによってわかるものではありません。
借り入れ金額に対しての利息になりますのでもちろん借り入れ金額も利息には重要なかかわりを持っています。
一日分の利息を計算することになりますので日割りの利息です。
日割の利息は一日ごとに加算されますので借り入れ日数も当然利息に関係します。

 

それではどのようにして利息が決まるのかを確認しましょう。

 

借入残高×金利÷年間日数365日×借り入れ日数

 

これで返済日からよく返済日までの借り入れ日数に対する利息を知ることができます。
計算式を見てみるとわかりやすいでしょう。
借入残高が少なくなれば結果として利息が少なくなります。
金利も同じこと、借り入れ日数も同じことです。

 

何かを小さくすることができれば利息は変わります。
消費者金融の中で選べば金利は18.0%で変わりがありませんので金利という項目では利息の節約はできません。
借り入れ残高と借り入れ日数によって利息を節約していくこととなります。

 

銀行なら、借入残高と借り入れ日数という自己の判断で節約するための項目だけではなく、金利にも違いがありますので全てにおいて利息を節約するための項目があることとなります。

 

銀行金利は低金利です。
全ての銀行が低金利になっているわけではありませんので、どのような銀行がどのように金利を設定しているのかを確認していきましょう。

銀行は厳しい、消費者金融は甘い?

審査の甘い厳しいは消費者金融と銀行を比較する項目の一つとしてあります。
消費者金融の審査は甘く、銀行の審査は厳しいと聞いたことがあるでしょう。
それは本当なのでしょうか。

 

消費者金融も銀行も審査の方法としては変わりがありません。
与信スコアリングという方法が使われています。
これは審査の一つの項目であり、各属性に点数をつけるという採点方式の審査です。
コンピューター審査と呼ばれるのはこの与信スコアリングになっています。
申込書をご覧になったことがあるでしょうか。
個人の情報として氏名や住所、電話番号、生年月日はもちろんのこと、居住年収や居住形態、家族構成などの記入項目があることに驚いたのではないでしょうか。
職業情報も、住所、電話番号、所属部署のほかに、従業員数や勤続年数など非常に細かな項目を記載することとなっています。
これは消費者金融であっても銀行のカードローンであっても変わりはありません。

 

この一つひとつの項目が属性と呼ばれています。
属性に対して点数がつけられて採点がなされます。
わかりやすいもので職業を例にご説明しましょう。
点数の高い順に並べてみます。
公務員、大手企業正社員、中小企業正社員、自営業者、契約社員、パートアルバイト、最後に無職の順となっています。
このように各属性には点数がつけられていますが、勤続年数もまた属性の項目としてありますので、職業の項目で点数が低かったとしても挽回できるチャンスがほかの属性に隠れていることもあります。

 

属性による与信スコアリングが自動審査で行われます。
それではこの各点数自体が消費者金融では低いのでしょうか。
そうではありません。
消費者金融でも銀行でも与信スコアリングのシステム自体には変わりがないでしょう。
それでは消費者金融が甘く、銀行が厳しいといわれているのは何が背景にあるのでしょうか。

 

それは申し込み基準です。
消費者金融の申し込み基準は「20歳以上」という年齢と「安定した収入」それだけとなっています。
アルバイトでは申し込みができないということもありませんし、基本的には何らかの形で収入を得ている方であれば誰でも申し込みをすることができます。
一方銀行は、申し込み条件が既に厳しくなっています。
消費者金融と同じ年齢と安定した収入は当然の条件です。
それ以外に、どこの銀行でも共通している申し込み基準として「保証会社の保証を受けることができる」ことというものがあります。

 

保証会社というのはいわゆる保証人の業者バージョンです。
保証人をつけなくてはならないという銀行カードローンは現在は存在しないでしょう。
回収の可能性が少ない、それが一番の理由かもしれません。
自分の借金でもないのにそれを弁済する理由がいったいどこにあるのでしょうか。
保証人になってしまったことによってライフプランが大きく変わってしまったという方の体験談はよく耳にするものです。
保証会社は通常、消費者金融や信販が請け負っています。
銀行のほかに保証会社の審査もある、それが消費者金融とは異なる条件となっています。

 

また銀行特有になりますが、年収や勤続年数にも制限があることがあります。
オリックス銀行カードローンは前年度の給与収入が200万円以上ある方に限られています。
みずほ銀行カードローンはみずほ銀行口座を持っている方に限られています。
中には勤続年数が3年以上と決められていることもあります。

 

審査が厳しいというよりも、利用するための条件に指定がある場合もあるのが銀行です。
審査内容がどうこうではなく、申し込みをする前に利用条件を確認することで申し込みができるかどうかを判断することができるでしょう。

銀行カードローンの金利の仕組みの更新情報